病棟

日本人の死因ともいわれているc型肝炎が感染するルート

免疫力を高めるガンの治療

男の人

ガンが発症すると免疫力が低下することがわかっています。このことから外科手術、化学療法、放射線治療に新たに加わったのが免疫療法です。抗ガン剤治療などの副作用を抑えたり、再発や転移の予防に利用されていましたが、最近は特定のガン細胞を破壊する治療も行われています。普段から免疫力を高める生活が大事です。

View Detail

血液が主な感染経路

看護師

ピアスやタトゥーは注意を

血液を介して感染する病気は数多くありますが、c型肝炎もそういった病気の一つです。ウイルス性の病気であり、感染者の血液に存在しているウイルスが何らかの原因によって他人の体内に入ることで感染する病気です。昔は輸血や血液製剤などによっても感染することがありましたが、現在の主な感染経路は覚せい剤などによる注射器の回し打ちや、ピアスやタトゥーによる感染と考えられています。最近では海外の影響もあってピアスやタトゥーを入れる人が増えていますが、きちんとした場所で行わず不衛生な場所で行うとc型肝炎を始めとした様々な感染症の危険性があるのです。また、性交渉による感染も懸念されていますが他の感染経路と比べると性交渉による感染は極稀だと考えられています。

血液検査で気付くことも

体の臓器の中でも肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど、何か異常があっても自覚症状が現れにくい臓器となっています。c型肝炎もそういった自覚症状が現れにくい病気の一つであり、多くの場合は感染しても自覚症状の無い不顕性感染だとされています。しかし、不顕性感染であっても多くの場合はウイルスが体内から消えることがなく慢性肝炎となってしまいます。慢性肝炎となった人はやがては肝硬変になってしまい、肝臓がんを併発するという人もいます。そうならないように早めに治療を行うことが大切ですが、自覚症状が無いので早期発見が難しい病気でもあります。血液検査を受けてそこで自分がc型肝炎に感染していることに気が付くケースも珍しくないので、定期的に健康診断を受けましょう。

Recommended Links

  • 行徳フラワー通りクリニック

    行徳で腰痛に力を入れているクリニックがこちらにありますよ!自分の状態に合わせて丁寧に治療をしてくれるので安心できます。

未来の癌治療方法

看護師

がんの治療は患者の体に負担をかける治療が多く、がんは闘病になっているのです。しかし最近の研究では副作用を発生させない治療法が開発されています。免疫細胞治療は人間がもともと持っている免疫力を活用した治療法なのです。

View Detail

新しいがん治療

男の人

免疫細胞療法は抗がん剤などに比べると非常に副作用が少なく、免疫を用いるので体中にがん細胞が存在していて、切除困難である場合でも用いることが可能です。また、従来の治療法と同時進行させることでより高い効果が期待でき、抗がん剤の副作用も減少させることが可能なのです。

View Detail