患者

日本人の死因ともいわれているc型肝炎が感染するルート

未来の癌治療方法

看護師

癌の闘病を緩和させる

がん治療は外科手術や放射線治療、抗がん剤治療が主な治療方法ですが、いずれの治療方法も患者の負担が大きい治療方法となります。外科手術は開腹することになりますので患者の体力は必然的に必要になります。また放射線治療は、治療そのものの負担はありませんが、正常な細胞にも少なからず影響を及ぼします。そのため正常細胞の分裂が阻害されることによっての副作用が発生します。そして抗がん剤は強い毒性を持った薬になりますので、その分副作用も強くなります。抗がん剤が要因でなくなる人もいるほどです。がんの治療は副作用との闘いともいえるほど苦しいものです。しかしその常識を覆すような患者に未来を感じさせる治療法が研究開発されています。

免疫力を活用した治療法

その治療法が免疫細胞治療です。免疫細胞治療は人が本来持っている免疫力を活用してがんを治療する方法です。少なからずがんに侵されると免疫力は低下します。そして人の体ががん細胞を受け入れないのは、この免疫力があるからなのです。しかし何かしらの理由により免疫力が低下するとがん細胞に侵されるようになるのです。これをがんに侵された状態でもとに戻すようにしたのが免疫細胞治療なのです。もともと持っている免疫力を活用するだけなので、副作用の心配がありません。時間はかかるものの、進行がんにも効果があるのです。もちろん早期発見したがんに対しての効果が大きいため、体力の残っているうちに免疫細胞治療をすることが最も効果のある方法なのです。