患者

日本人の死因ともいわれているc型肝炎が感染するルート

免疫力を高めるガンの治療

男の人

副作用を抑える効果

ガンの治療のために色々な研究が行われています。その成果の1つに免疫力の有効性があります。ガンを発病した人のほとんどが免疫力の低下が見られるのです。免疫力というのは白血球の数を調べればわかるのですが、ガンにかかった人は白血球数が大幅に減少するのです。これまでは外科的手術、化学療法、放射線療法の3つがガンの治療法だったのですが、免疫力の有効性がわかってからは免疫療法も行われるようになっています。化学療法における抗ガン剤治療や放射線治療を行うと副作用が出ますが、免疫療法を行うことで副作用を抑えることができるのです。免疫療法をさらに効果的にする工夫として、栄養学的なサポートも効果的です。例えばミネラルやビタミンの含まれるサプリや健康食品を摂取するなどです。

特定のガン細胞を破壊

免疫療法の特徴はガン治療の副作用を抑えることです。それによって体力を温存し、ガン治療を積極的に行うことができます。また手術をしても再発や転移が起こります。免疫療法はガン細胞の増殖を抑えるという特徴もあるので、再発や転移の予防に効果があります。これまでの免疫療法はガンを抑えるといった受け身的な治療が主だったのですが、その後の研究によってガン細胞を直接狙って破壊することができるようになっています。NK細胞と呼ばれる治療法がそれで、特定のガン細胞だけを撃退することができます。このように免疫療法でも積極的な治療が行われるようになっていますが、ガンにかからないためには普段から免疫力を高める生活習慣を心がけましょう。