患者

日本人の死因ともいわれているc型肝炎が感染するルート

新しいがん治療

男の人

従来のがん医療

日本では毎年たくさんの方が、がんで亡くなっており、死亡要因における高い原因となっています。原因としては、不規則な生活、食生活の欧米化、過剰なストレス、遺伝などが影響を与えていると言われています。現代人は特に知らず知らずのうちにこのような生活を送っている方も多く、最近では若い方でもがんにかかる人が多くなっています。がんは、初期であれば、切除療法を行い完全にがん細胞を取り除くことで根治が期待できます。しかし、ある程度がんが大きくなり、転移してしまったり切除しきれない状態になると、抗がん剤などの治療を混ぜて治療することになります。いずれの方法でも抗がん剤を用いることは現在のがん治療では多くあり、主流の治療法のひとつとなっています。

免疫を活用する

抗がん剤はがん細胞を攻撃してがんの体の中における勢力を縮小するのに役立ちますが、副作用が強いといった問題があります。これは、抗がん剤は正常細胞まで破壊してしまう事があるからです。また、がんの中にはあまり抗がん剤が有効でないタイプもあり、この場合には副作用を考慮すると用いることがマイナスになることもあります。ここで、最近ではこれらの切除、抗がん剤に加えて新しく免疫細胞療法というものが注目を浴びてきています。この免疫細胞療法とは自身の体にある免疫を用いて、がん細胞を直接攻撃させるというものです。免疫は私たちの体の中において、悪い細胞を破壊する役割を持っていて、この免疫が活発なうちはがん細胞が生じても免疫によって倒されてしまいます。免疫細胞療法はこの免疫を人工的に体の中に増やすことで、治療効果を得ます。そして、この免疫細胞療法は自身の免疫細胞を用いるので副作用が少ないといったメリットもあり、従来の治療と組み合わせても大きな効果が期待できます。